right2switch

 

メディア–プレスリリース–論文

Philippines Senate to lead region with progressive vaping laws

“The world is watching as the Philippines Senate looks set to approve the most progressive and risk-proportionate vaping legislation in Asia Pacific. We’re hoping other countries in the region will then follow their lead,” says Nancy Loucas

Increasing abuse against THR advocates revealed during live discussion

A full and frank international panel discussion revealed public attacks on Tobacco Harm Reduction (THR) advocates are increasingly personal, derogatory and defamatory. Hosted by Asia Pacific’s CAPHRA (Coalition of Asia Pacific Tobacco Harm Reduction Advocates) the 11 July discussion is available to view on Here.  Moderated by CAPHRA’s Nancy Loucas, TAV 7 included public relations expert and Medical Observer publisher, Jena Fetalino (Managing Director of JFPRC, Philippines). She believed the abuse levelled at THR advocates and the industry reflected just one thing.

Vaping panel to delve deep into lies, bullying

The seventh episode of The Advocates Voice (TAV 7) premieres at 6pm Hong Kong Time – 11am GMT – Sunday 11 July 2021. Headlined ‘the battle between innovation and bully tactics’, the international panel will explore a global web of anti-vape lies. The TAV 7 panel includes leading Asia Pacific THR consumer advocates: Asa Saligupta (Director of ECST – ENDs Cigarette Smoke Thailand, Mirza Abeer (Director of ASAP Pakistan – Association for Smoking Alternatives in Pakistan), and media expert Jena Fetalino (Director of JFPR Philippines). TAV 7 will be led by public health expert, Dr Konstantinos Farsalinos.

WHO’s attempts to link vaping to COVID, discredited

The World Health Organization’s attempts to link vaping with COVID-19 have been completely discredited by a significant study out of the United States, says Asia Pacific’s leading Tobacco Harm Reduction consumer advocacy group. Research by the Mayo Clinic published in the Journal of Primary Care & Community Health, titled ‘Electronic Cigarette Use Is Not Associated with COVID-19 Diagnosis’ involved nearly 70,000 patients. The study concluded that e-cigarettes ‘do not appear to increase susceptibility to SARS-CoV-2 infection’.

Concerns about youth vaping already well addressed

Media stories about youth vaping are deeply concerning but significant changes have been made in the past year with more coming,” says Nancy Loucas, co-director of the Aotearoa Vapers Community Advocacy (AVCA). Her comments follow a story on Maori television show, The Hui. It investigated ‘the uptake of vaping amongst rangatahi (younger generation), which is leading to stand-offs at home and stand-downs at school.’

Registrations grow for Asia Harm Reduction Forum 2021

Interest is building ahead of the 4th Asia Harm Reduction Forum (AHRF). This year, as a virtual event, it promises to be dynamic gathering of global Tobacco Harm Reduction (THR) advocates with significant developments to discuss. Organised from the Philippines, registration and participation for the 28 June forum is being strongly encouraged by CAPHRA.

October’s vaping ban sees Australia lag even further behind

Asia Pacific’s leading Tobacco Harm Reduction consumer advocacy group has lashed out at the Australian Federal Government for making it increasingly harder for Australia’s 2.3 million daily smokers to quit cigarettes. “Australia is miles behind many others in the Asia Pacific region, and the UK, when it comes to acknowledging vaping’s key role in beating tobacco. Australia is sadly kowtowing to the World Health Organisation, rather than accepting compelling international evidence,” says Nancy Loucas, executive coordinator for CAPHRA.

Cigarette smuggling will worsen if vaping not promoted

If the Government’s smokefree action plan does not adequately elevate nicotine vaping as the much safer alternative, then cigarette smuggling will become a bigger problem at New Zealand’s border, says a leading Kiwi Tobacco Harm Reduction advocate. Her comments follow a media investigation which revealed Customs is currently seizing around 125,000 smuggled cigarettes and 155 kilograms of loose tobacco every month.

Attacks on vaping, politically timed

Alarmist media stories on vaping are politically timed to inflict the most damage on a practice that’s saving thousands of New Zealanders’ lives, claims a leading Tobacco Harm Reduction advocate. Her comments follow a frontpage nationwide newspaper story, headlined ‘Vaping – at 10’. “Why don’t we see ‘Smoking – at 10’, ‘Drinking – at 10’, ‘Drugs – at 10’ media stories? It’s all about vaping, which is ironic given it’s the least harmful,” says Nancy Loucas, co-director of Aotearoa Vapers Community Advocacy (AVCA).

Vape flavour petition dismissed despite mounting evidence

Fifteen months after a Parliamentary petition supporting ongoing access to vape flavours closed, and nearly a year after it was referred to the Health Select Committee, it has finally been reported and ruled on with the official response described as woeful.  Petition organiser, Nancy Loucas, who is co-director of Aotearoa Vapers Community Advocacy (AVCA), said the whole process has been incredibly disheartening, with 17,357 Kiwis who signed the petition dismissed outright despite mounting evidence.

Time for enforcement not education on vape purchases

Reports that minors are still able to purchase vape products from some convenience stores is deeply concerning, says New Zealand’s leading consumer vaping group. “The overwhelming majority of vape retailers are responsible, requesting age identification, and only selling to those who can prove they’re 18 years or older. It’s disappointing then when media stings reveal a few retailers continue to break the law,” says Nancy Loucas, co-director of the Aotearoa Vapers Community Advocacy (AVCA).

Experts warn leaders on WHO’s baseless vaping guidance

The Expert Advisory Group of the Coalition of Asia Pacific Tobacco Harm Reduction Advocates has written to Asia Pacific’s Health Ministers and Secretaries expressing their deep concern about the World Health Organisation’s latest Tobacco Product Regulation Report (TobReg). CAPHRA’s EAG warns that WHO’s study group is not acting in public health’s best interests by recommending bans on all aspects of vaping that are the cornerstone of its effectiveness.

Lies about vaping will be confronted this Sunday

A fresh round of mistruths about vaping in the media lately will be dealt with head on during a live panel discussion of vaping advocates and experts on Sunday, 6 June. The Advocates Voice, or TAV, has a growing following among Tobacco Harm Reduction (THR) supporters and the public. Sunday’s episode will be simulcast on CAPHRA’s Facebook page at https://www.facebook.com/caphraorg. Questions from viewers to the panel are encouraged.

World Vape Day Estimates Show It Was Bigger Than Ever: CAPHRA

World Vape Day was an unprecedented success with social media engagement about the annual global celebration up considerably, says the Coalition of Asia Pacific Tobacco Harm Reduction Advocates (CAPHRA). “The social media analytics for World Vape Day are impressive. It enjoyed huge growth in the number of postings, followers, and positive comments. Without doubt, #WVD21 gained much more traction than 2020’s event,” CAPHRA’s Nancy Loucas said.

WHO’s latest tobacco report – an ‘epic fail’ for public health

Asia Pacific’s leading tobacco harm reduction advocacy group, CAPHRA, is deeply disturbed by the World Health Organisation’s recently released ‘Tobacco Product Regulation Report’. It says WHO’s negative and obstructive approach towards safer nicotine vaping products continues to impact smoking cessation rates, costing lives globally.

‘Historic’ bill to regulate vaping in Philippines heads to Senate

A bill that regulates the manufacture, use, sale, distribution, and promotion of vaping, as well as heated tobacco products (HTPs) has passed its third and final reading in the Philippines’ House of Representatives. It will now go to the Senate. According to consumer advocates, barring any undue outside influence, there the bill will be approved into law.

喫煙関連の死亡者の半数以上がいるアジアとしてのタバコの害低減の鍵–報告

消費者擁護者とたばこ害低減(THR)の専門家は、世界の喫煙の半分以上が-関連する死亡がこの地域で発生しています。彼らは、公衆衛生機関のナレッジアクションチェンジ(KAC)とインドのベイパー協会(AVI)が開催した最新のグローバルタバコの害低減(GSTHR)レポートの発表中に声明を発表しました。

グループはアジア諸国に「慈善的植民地主義」に対して警告している

消費者擁護団体の地域グループは、資金の豊富な財団によって永続化された「慈善植民地主義」を非難し、アジア太平洋地域の多くの国に、喫煙者からより安全な代替品を事実上奪う蒸気を吸う加熱式たばこ製品(HTP)に対する制限的な政策を採用するように誤解させました。可燃性のタバコに。アジア太平洋タバコ害低減支持者連合(CAPHRA)は、Bloomberg PhilanthropiesやBill&Melinda Gates Foundationなどの西側の慈善団体が、タバコの害低減の信用を傷つけるために数百万ドルを注ぎ込んでいると述べました。これは、可燃性タバコのより安全な代替品の使用を奨励する公衆衛生戦略です。電子タバコ、HTP、スウェーデンのスヌースなど。

地域の請願はWHOに消費者の権利を尊重するように懇願し、嘘をつく

アジア太平洋地域の消費者グループは、世界保健機関(WHO)に消費者の権利を尊重し、COVID-19パンデミック中の喫煙問題を悪化させるだけの革新的なニコチン製品に対する嘘を終わらせるよう求める請願を開始しています。 「私たちに嘘をつくのをやめ、健全な科学的事実、方法論、原則に基づいたガイダンスのみを提供してください」と、アジア太平洋タバコ害低減擁護団体(CAPHRA)およびその他の消費者擁護団体は、2021年のVoices4Vape中に開始されるRight2Switch請願書で述べました。 3月21日の午後1時から午後3時(HKT)のウェビナー。請願書はで見ることができます https://change.org/v4v-petition

喫煙の流行を煽るためにLMICでより安全なニコチン製品を禁止する–アジアの消費者

アジア太平洋地域の消費者団体は、ブルームバーグが資金提供する反たばこ非政府組織によって提案されたように、低中所得国での電子タバコと加熱式たばこ製品(HTP)の全面禁止は喫煙の流行を煽り、喫煙関連の病気による死亡者数を増やします。アジア太平洋地域のたばこ害低減支持者連合(CAPHRA)は、ニコチン消費者団体の国際ネットワーク(INNCO)が発表した、電子タバコやHTPなどのたばこ害低減(THR)の代替案が役立つという報告を支持する声明を発表しました。妨げにはならない、世界的なたばこ規制の目的。

V4Vウェビナーでパンデミックの中でタバコの害の低減に取り組む消費者

アジア太平洋地域のより安全なニコチン製品の消費者と支持者は、2021年3月21日に開催されるオンラインセミナーでCovid-19を封じ込めるために同じ科学と原則を使用して、喫煙の流行に対処するための効果的な公衆衛生政策の必要性に取り組みます。アジア太平洋地域のタバコ害軽減擁護者連合(CAPHRA)およびその他の消費者擁護団体は、2021年のVoices4Vapeウェビナーを午後1時から午後3時(HKT)に開催し、主に次の質問を中心に議論を行っています。彼らはTHRの科学を信頼していませんか?」

アジアの消費者は、VapingがNRTよりも優れていることを示す英国のレポートを歓迎します

アジア太平洋地域の消費者とより安全なニコチン製品のユーザーは、喫煙をやめる上で、蒸気を吸うことや電子タバコの使用がニコチン置換療法(NRT)よりも優れていることを示す英国公衆衛生サービスによる最新の報告を歓迎しました。 CAPHRAによると、英国公衆衛生サービスによる最新の科学的評価は、タバコの害低減ツールとしての電子タバコが可燃性タバコの喫煙をやめるための最も効果的な手段でもあるという確固たる証拠を提供しています。

この封鎖をキウイベイパーと企業を支援するために提出する

オークランドの多くの無煙サポーターとベイパーは、この最新の封鎖と雨天を利用して、保健省のベイピング規制案を提出し、キウイ事業を支援する必要があると、タバコの害低減の第一人者は述べています。 「ロックダウンを無駄にしないでください。これには、オークランドのスナップロックダウンも含まれます。悲しいことに、私たちは国としてSmokefree 2025を達成することはできませんが、これらの蒸気を吸う規制を正しく行わないと、決してそうはなりません」と、Aotearoa Vapers Community Advocacy(AVCA)の共同ディレクターであるナンシールーカスは述べています。

CAPHRAは、ブルームバーグの政策付与スキームに対して警告します

たばこ害低減(THR)の地域グループは、低中所得国(LMIC)の政府に、代替ニコチン製品を制限し、さらには禁止する政策と引き換えに、お金をぶら下げている既得権益グループの策略に屈しないように警告しました。喫煙者にとってはタバコよりもはるかに優れた選択肢であることがわかりました。アジア太平洋たばこ害低減支持者連合(CAPHRA)は、一部の公衆衛生専門家が、たばこに関する規制当局の政策と決定に影響を与えるための助成金や技術支援を提供するブルームバーグ・フィランソロピーなどのグループの活動について実際に懸念を表明していると述べた特にLMICでの制御。

アークフレーバーの証拠に従う時間–ペティショナー
主要なvaping支持者は、保健省がvaping規則案の提出を開始したため、すべてが失われるわけではないと述べています。サービスステーションなどの一般小売業者のアークフレーバーを3つに制限することは、提案されている2021年8月11日の実装時間枠の前にまだ確認する必要があります。 「フレーバーを制限するという提案は、専門家である保健省とハパイテハウオラの見解に反するものであり、無煙2025の達成には役立たないと考えています。ミントフレーバーは、タバコの味を求めているのではなく、タバコから離れるためのものです」と、ルーカス氏は選択委員会への補足提出で書いています。

フィリピンFDAへのブルームバーグの寄付は米国の法律に違反している可能性があると専門家は言う

国際的な公衆衛生政策の専門家は、フィリピン食品医薬品局によるたばこ対策ブルームバーグ財団からの資金の受領について、それがフィリピンと米国の両方の法律に違反しているかどうかを判断するためのより深い調査を求めた。行政の相互訓練を受けた米国の医師であるジョエル・ニッツキン博士は、先月、フィリピンFDAがブルームバーグからの外国資金を受け入れることについて議会の調査を求める2人のフィリピン議会議員による決議の提出に光を当てる必要性を挙げた。 1987年の憲法といくつかの法律に違反する可能性があります。

誰がvapingとCOVID-19リスクについて嘘をつくのをやめるように頼んだ

アジア太平洋地域のたばこ害軽減擁護団体連合(CAPHRA)は、世界保健機関(WHO)に、蒸気を吸うことや電子タバコの使用を通じてコロナウイルス病2019(COVID-19)に感染するリスクについて嘘をつくのをやめるよう要請しました。 103ページのホワイトペーパーで、CAPHRAは、vaping / COVIDリンクは、WHOが禁煙アジェンダの一部として広めている最新の危険な嘘であると述べています。このグループは、WHOが世界の喫煙をなくそうと努めており、何百万人もの成人の喫煙者がより安全な電子タバコ製品にアクセスするのを意図的に阻止しようとしていると述べました。

WHOの最新のエラー:VapingとCOVIDの間のリンク

過去数年にわたって、世界保健機関(WHO)は、世界中で命を犠牲にしている悲劇的な失敗のグロテスクな数を作りました。ごく最近、彼らは、蒸気を吸うことと喫煙がCOVID-19の感染につながるという声明を支持しています。 The Coalition of Asia Pacific Tobacco Harm Reduction Advocates(CAPHRA)の報告によると、COVID-19の蒸気を吸うことと収縮することの関係に関する世界的な医学研究のレビューでは、そのような関係は示されておらず、世界の喫煙をなくそうとしています。 WHOは、何百万人もの成人のたばこ喫煙者がより安全な蒸気を吸う製品にアクセスすることを故意にそして意図的に防ぐことを再び試みました。
ここから論文をダウンロード

消費者団体は証拠を無視するためにバース研究を非難する

消費者団体は、英国のバース大学の研究者が作成した研究を、その方法論における科学的証拠を無視し、タバコの害低減組織の取り組みを損なう差別的なラベル付けに訴えたとして批判しています。可燃性タバコのより害の少ない代替品を推進するVapersIndia(AVI)協会は、バース大学のたばこ規制研究グループ(TCRG)の研究者が採用した戦術に抗議し、世界保健機関(WHO)のたばこ規制に関する枠組み条約の締約国会議の第8回会議前後のTwitter活動。

改正されたvaping法はニュージーランドで発効します

第52回議会が2020年8月に法制化した2020年無煙環境および規制製品(蒸気を吸う)改正法は、2020年11月11日に発効し、15か月にわたって施行されるいくつかのガイドラインがあります。法律の下では、電子タバコと無煙たばこ製品は、ニュージーランドの約20万人の喫煙者と、より害の少ない代替品に切り替えたい成人の喫煙者が、施行が段階的に行われるまでの規制と制限に従う限り、引き続き利用可能であり、アクセス可能です。 2022年2月。

フィリピン上院は、FDAに対し、電子タバコの起草における有効化法、HTPガイドラインに従うよう要請しています。

上院は、フィリピン食品医薬品局(FDA)に対し、国内の加熱式たばこ製品および電子タバコの規制に関するガイドラインを起草する際の有効化法に従うよう要請しました。保健省(DOH)の予算に関する最近の上院の審議で、上院議長のVicente Sotto IIIは、FDAがHTPとvapeの実施規則と規制を準備する際に全権委任法を超えていることに懸念を表明しました。

FDAは外国の民間団体からのお金の受け取りをやめるように求めました

下院の2人の指導者は、フィリピン食品医薬品局(FDA)に対し、金銭の受け取りを停止し、ユニオンやブルームバーグイニシアチブなどの外国の民間グループから受け取ったすべての資金を返還するよう求める決議を提出しました。

 

ブルームバーグの助成金はバース大学の研究に疑問を投げかける

消費者団体と公衆衛生の専門家は、英国のバース大学の研究者が、タバコの害低減の支持者にラベルを付ける際に科学的証拠を使用せずに採用した投機的方法について行った最近の研究の質について懸念を表明しています。

専門家によると、ドナーはWHOのたばこ規制政策を歪めている

消費者団体は、世界保健機関が大手製薬会社、億万長者が資金提供する慈善団体、および国営のたばこ会社が闇市場に害の少ない代替品を推進することでたばこ取引を永続させ、10億人以上の喫煙者をさらしていると非難しています。喫煙による深刻な健康リスク。

タイの消費者グループは、電子タバコと依存症を結びつける研究に異議を唱えています

タイの消費者グループは、電子タバコユーザーのほぼ3分の2がこの製品に依存していると主張する調査結果に異議を唱えています。電子タバコユーザーネットワークEndCigarette Smoke Thailand(ECST)とFacebookページ「Whatis e-cigarette」の代表であるマリス・カランヤワット氏は、38人の研究者が行った調査結果は、電子タバコが存在する多くの国で起こっていることと矛盾していると述べました。 -タバコは実際に喫煙者が禁煙するのを助けました。

Voices4Vapeとは正確には何であり、消費者が公衆衛生政策に参加することが重要である理由

アジア太平洋地域の消費者団体は、2020年9月26日にウェビナーを開催し、地域の国々がタバコの害低減(THR)を人権として認め、無煙ニコチン製品のメリットを紙巻たばこのより安全な代替品として議論することを奨励しています。消費者体験には多くの力があり、グローバルに共有する必要があります。それが、CAPHRAが先に進んで独自のウェビナーを開催し、仲間の仲間を教育して関与することを決定した主な理由の1つです。知識は力であり、共有する必要があります。

うーん…。

世界保健機関は最近多くの圧力にさらされています。最初に電子タバコに関するQ&A詳細の発行と最終的な改訂を行い、次に中国でのコロナウイルスの発生が世界的に広がっています。このブログでは、WHO FCTCと、Q&Aの詳細の意味、および「2000〜2025年のたばこの使用率の傾向に関するWHOグローバルレポート」に焦点を当てます。それは2019年12月に発行されました。WHOからの電子タバコに関するすべての情報とアドバイスに関する主な懸念は、科学的研究と一致しないことであり、その理由は事実です。

オンブズマンは、タイの電子タバコ政策に市民の声を含めるよう政府に要請します

オンブズマン事務所は、タイでの電子タバコの禁止を解除するか延長するかを決定する際に、客観的に国民の声に耳を傾けるよう関連政府機関に要請しました。 Ends Cigarette Smoke Thailand(ECST)の代表者とFacebookページ「Whatis e-cigarette」の管理者は、8月17日にオンブズマン事務所で開催された会議に出席し、電子タバコの販売と輸入の禁止を求める請願に取り組みました。

あなたはもう十分年がありますか? Enterをクリックして、お住まいの国で法定年齢に達していることを確認してください。または、[終了]をクリックして終了します。
jaJapanese